読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

とある科学の超電磁砲S 14話 感想

ちょっと甘ったるさはあったけど、胸に迫る美しいエピソードに仕上がっていたと思います。こういう直球をズバッと投げ込まれるのも、たまにはいいですね(笑) 美琴が過剰なまでに自分を責め、最後まで人のせいにせず自分の問題として解決しようとする姿勢。…

とある科学の超電磁砲S 12話 感想

この見ちゃおれん展開はまだ続くのでしょうか。のっけから辛すぎますよね。思い詰めてひとりで責任を背負い込もうとしている美琴。その後ろ姿を見送ることしかできない黒子。 一方、上条さんとミサカ妹とのやり取りには温もりがありました。でもこの温もり、…

とある科学の超電磁砲S 11話 感想

2期ではただひたすらに忍耐を強いられる黒子。美琴が今たいへんな状況にあるのはわかるけど、このままでは黒子の方が先におかしくなっちゃうんじゃないかと心配になる私なのです(笑)。 「恋煩い」なんて信じたくもない言葉をズバリ聞かされてこの表情。佐…

とある科学の超電磁砲S 10話 感想

いやー、美琴と麦野のバトルは前回に引き続き迫力満点でした。でもこのバトルの見せ場を演出したのは、他ならぬフレンダですよね。彼女の大掛かりな仕掛けが麦野に余計な手間をかけさせ、美琴はそこにうまく付け入ることでピンチを脱しました。 ところで、今…

とある科学の超電磁砲S 5話 感想

目を背けたくなるような衝撃シーンがありました。でもなあ、現在同クールで放映されている別のアニメのおかげで慣れてきちゃってるのかもしれません。うーん、慣れってホント恐ろしいぞ(汗)。 さて、男の子の能力者がとっても残虐でしたが、彼もある意味慣…

とある科学の超電磁砲S 4話 感想

二人の女性技術者のミカサ妹に対する扱いが、いかにもお仕事って感じがしますね。いや悪く言ってるんではなくて、そうでないとやってられないんじゃないかと思ったのです。 世の中には生き物の生死を扱う業務がたくさんありますが、そこに従事する人々は自分…

とある科学の超電磁砲S 3話 感想

いろいろと背景を説明する回だったようですが、退屈しないネタを合間に提供してくれるので、今回も楽しんで見れましたね(笑)。 布束さんの後ろ回し蹴り〜のポーズが何とも萌えるんだなあ。カバン持ってるし、制服だし。こういうところ、作り手はよくわかっ…

とある科学の超電磁砲S 2話 感想

抱きつく、付いていく、離れる、見守る。この間合いの取り方には、相変わらず感心させられますね。黒子に言わせれば当然なんでしょうけど、やっぱりよくできた女房役だなあって思いました。 黒子がこうなっちゃうのは仕方ありません。いつだってスキあらばと…

とある科学の超電磁砲S 1話 感想

まずはご挨拶しますといった感じの1話でした。前回と雰囲気はそんなに変わってはいなさそうですね。定番のチンピラさんたちも健在でしたし(笑)。 このアニメは、奇を衒わない基本に忠実な作りで手堅く楽しませてくれるところが気に入っています。少々シナ…

FX