読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

君に届け 25話 感想

ここまで来るのに長い長い道のりでした。「じゃあな。」「うん。」であっさりとバイバイした二人に告白なんてドラマはなかったけれど、爽子は今度こそ芽生えた気持ちが何であるかわかっているようです。そう思うと風早はがんばったということなのでしょう。…

君に届け 24話 感想

普通なら付き合っている距離にいるのに、そうはならない二人です。せっかくの初詣デートが息が詰まるというか、重苦しーい雰囲気になっています。風早がんばれと思っていたら・・・矢野ちん吉田コンビがナイスフォローでした。というか、なんでそこにいるの…

君に届け 23話 感想

前話のラストから爽子の翌日の描写が続いています。まるで2学期が終わるのが残念でならない爽子の名残惜しい気持ちがそうさせているようにも思えます。風早や矢野ちん吉田に3学期まで会えなくなるのかと感傷的になってしまうのは、何故なの爽子ちゃん?。…

君に届け 22話 感想

爽子がクリスマス会に行けない理由は、おとーさんが家で祝うクリスマスを楽しみにしているからでした。いつの頃か、その関係は逆転してしまってたんですね。高校生の爽子にとって、もはや親孝行イベントと化している行事に、おとーさんは全く気づいていない…

君に届け 21話 感想

BGMもない、ただ波音がする中での二人の会話。ラストは波音さえ消えて、龍の胸に顔を埋めた千鶴のむせび泣きだけが聞こえて・・・、静かに雪は舞い降りてくる。私は思います。千鶴の徹への想いは恋であったのだと。そして彼女は一生懸命だったんだと。でもそ…

君に届け 20話 感想

つくづく興味深い千鶴と龍の行動ですが、私は18話を見た時からずっと確信に近い思い込みに支配されていて、そういう色眼鏡で二人を見ています。ここから先は、かなり暴走しているので、まあ、お馬鹿なことを書いてると軽く流しながら読んでいただければと…

君に届け 19話 感想

夢だったんですね。それが龍、矢野ちん、爽子だけでなく、千鶴本人でさえよくわからない戸惑いの原因だったように思います。でもそれに千鶴は気づき、龍も言葉にはできないけれど感じていたのかもしれません。今回も面白いお話でした。千鶴の片思いは、徹の…

君に届け 18話 感想

千鶴は龍の兄にずっと片思いをしてきたんですね。龍は千鶴の恋路にとって好ましくないんじゃないかということを知っていて、それを伝えるかどうか悩んでいました。龍は千鶴をよく知っているし、千鶴一筋です。言いにくいのは私にもよくわかる気がします。風…

君に届け 15話 感想

すばらしい最終回でした。胡桃ちゃん、本当にお疲れさまでした。そして、こんなに爽やかにスカっと胡桃エピソードを締めてくれた、このアニメに感謝します。胡桃の風早への正面きっての告白のトリガーは、ピンでしたね。好きな人に誤解されるのは、誰だって…

君に届け 14話 感想

胸の中にとどめていた切ない想いがほとばしり、あふれ出す涙が彼女のベールを溶かして、恋する少女・胡桃の本来の姿があらわれた。私にとってはそんな神回でした。矢野ちんに「このこと風早にバレてもいいのね。」と言われても、負けん気の強さで張り合った…

君に届け 13話 感想

風早は爽子の腕をとって走り出してしまいました。その後ろ姿に声もかけられなかった胡桃。青空に響き渡る「なんで〜。」の叫び。ピンの超勘違いを風早に誤解されたうえに、連れ去られる風早の後ろ姿に声をかけたもののピンに邪魔される胡桃。青空に響き渡る…

君に届け 12話 感想

胡桃が不憫で不憫で見ていられない私なのでした。爽子と風早の気持ちを把握すればするほど、戦況の不利さが明らかになってきます。矢野ちんも本格的に爽子の援護射撃に参戦。最も策略にハマりそうな吉田は、体育祭に夢中で使えそうにありません。そんな中、…

君に届け 11話 感想

私にとっては、8話から跳んで跳んでの11話です。なんか胡桃と爽子、二人で話す仲になったんだと思ったら、ちゃんとバトルは勃発していたんですね。予想通り、胡桃の経験に裏打ちされた計算尽くの攻撃が繰り出されていますが、どうもかつて異次元の世界に…

君に届け 8話 感想

「恋か・・、理解するのが難しい感情のひとつだね。ホルモンの分泌の反応に過ぎないことは明白なのに、人はそれに依存しようとする。」「そんなことないよお、素敵な気持ちじゃない。」「恋は素敵な気持ち。」と私も思います。鼓動がドキドキとか、頬が真っ…

君に届け 7話 感想

土曜の夜の爽子たち、とても楽しそうでした。卒業アルバムを見たりするのも定番ですよね。好きな子の名前を言い合ったり、電話して呼び出したりもそう、なんか懐かしかったです(何気に過去形ですけど)。今回、みんなの新たな人となりも垣間見ることができ…

君に届け 6話 感想

今回のトイレ騒動では、それぞれ人物が誤解し合って話し始めているのが、なんとも微妙にズレた空気を醸し出していて面白かったですね。爽子は、噂の出所が自分になっていることを知らない。そして、矢野と吉田が噂を流されて傷ついていると思い、そうした周…

君に届け 5話 感想

モヤモヤしている女子3名に、男衆が語る言葉がそれぞれ面白い。風早くんは、爽子さんに「ダメ、絶対ダメ、絶対、もうダメ。」 これは凄い。これを真顔で言えるリアル高校生はいるのでしょうか。ピンは、矢野さんに「お前、人のせいにすんなよ。自分で何とか…

君に届け 4話 感想

今まで爽子さんのモノローグで綴られる彼女の思いと周囲とのズレっぷりが楽しかったですが、今回のお話では一転してしまいました。純粋な彼女のモノローグは受け入れやすいものなので、悲しい気持ちのときはけっこう辛くなりますね。いやホント。今回のお話…

君に届け 3話 感想

授業中に風早くんからのプチメモ(デートのお誘い)を真田くんの机にまわしてしまう爽子さん。瞬間にヤバいと取り戻す風早くん。「矢野さんのほうだったんだあ〜。」と爽子さん。「く、ろ、ぬ、ま。」と指差す風早くん。そこまでせんと気づかんのかあ〜と私…

君に届け 2話 感想

爽子さんの席の回りに風早くん、矢野さん、吉田さんが座っていく場面はなんかドラマチックでよかったですね。そしてクッキーをみんなに「おいしい」って食べてもらえた爽子さんを見ていたら、あやうく涙がこぼれそうになってしまいました。みんな、何かしら…

君に届け 1話 感想

「野ブタ。をプロデュース」や「ライフ」みたいな壮絶なイジメがあると勝手に思い込んでいた私でした・・・・。最初の爽子さんがペンを拾った場面で「汚い手で触るんじゃねー。」なんてなるかと思ったら、女子2名逃げちゃいました(普通この時点で認識違い…

FX