EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

境界の彼方

境界の彼方 12話 感想

「つまらない大人になったらだめピョン。」と言う弥生。「誰も好きでなったわけじゃない。」と返す泉。冒頭の会話と「灰色の世界」というサブタイトルが最終話の行く末を示していました。大人の壁をひとつ飛び越えた後、秋人たちに見えたものは何なんだった…

境界の彼方 11話 感想

「あなたが守り抜きたいものは何ですか?」って問いかけられてる気がします。それを見つけてそうする覚悟を決めた人は力強く生きていくことができる。そんな人を大人と呼ぶならば、秋人は大人への壁をひとつポーンと飛び越えていったんだと思います。その瞬…

境界の彼方 10話 感想

夢の世界と現実が交錯する中、栗山さんの不器用さと健気さがあまりに切ない。しかもみんなが何かしらの孤独感を内に秘めているので、悲しさがずっと画面を漂ってる。見ていて胸が苦しくなるんだけれど、ラストは希望を感じさせる作りになっていて、何だろ、…

境界の彼方 9話 感想

ラストの秋人と栗山さんのバトルは圧巻でした。栗山さんの本当の胸中はわかりません。でも、彼女が苦渋の決断をして秋人に刃を向けているのはわかります。そこには、彼女に対するどんな揶揄をも撥ね除けてしまう力強さがあって、それ故の悲しさと美しさを感…

境界の彼方 8話 感想

凪が来て、妖夢がバタバタと倒されていく様は、彩華ねーさんが妖夢であることを考えると色々と思うところがありますね。やはりこの世は人間様が一番で、それ以外の生き物は人間にとって役に立つとか、おいしいとか、美しいとか、癒されるとか、そういう存在…

境界の彼方 7話 感想

内に籠ったような息苦しさと鈴の音が相俟って、桜が藁人形の糸を解く展開もあるんじゃないかと思っちゃいましたが、まあ気持ちの整理の仕方は人それぞれってことですよね。特に最後の桜のモノローグシーンはカットも音楽も雰囲気に満ちていて心に残りました…

境界の彼方 6話 感想

面白かったです。たしかに面白かったんだけど、スッキリしない。何だかおかしな夢を見ているようなお話だったなあと感じるのは、決着のつかない中途半端な終わり方だったからでしょう。 今回のお話のラストは、果実型妖夢を退治して「やったぞ、万歳〜!」で…

境界の彼方 5話 感想

栗山さんから私に近づかないでくださいオーラがなくなって、貧乏でいつもおなかを空かせている女の子ネタが可愛らしくはまってきた気がします。彼女が吹っ切れたことで、それが美月を感化していく様子も見ていて柔らかな気持ちにさせられたし、エンディング…

境界の彼方 4話 感想

秋人が抱える苦悩や周囲の人物との関係が、栗山さんの視点で明らかになっていきました。よくできた種明かし回だったんじゃないでしょうか。 秋人にはちょっと驚かされました。単に可愛い子を助けるおせっかいな男子なんだろうなと思っていたのですが、彼が内…

境界の彼方 3話 感想

秋人とカップ麺をすすってた栗山さんとの会話が面白かったです。一万円札を渡そうとする秋人、受け取ってしまった栗山さん、お互いをよく知らない男女を結びつけるものはやっぱりお金なんですね(笑)。でも、この場面、ちょっと考えさせられるなあ。 秋人は…

境界の彼方 1−2話 感想

ベタな掛け合いが案外と面白いです。アクションシーンも目紛しい動きでスゴいけど、キャラたちが何かぺちゃくちゃとやってるのを見てる方が楽しめるなあ。間が良いのか、たわいのないギャグもけっこう活きてる感じがします。 こんな感じの栗山さんってウザい…

FX