読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

新世界より

新世界より 25話 感想

人間が呪力というパワーを持ってしまった世界を想像力豊かに壮大なスケールで描いてみせてくれた作品でした。早々に感想を書くのはやめてしまったけれど、終盤にかけて尻上がりに面白くなっていきましたね。肉塊となったスクィーラに早季が語りかける場面が…

新世界より 7話 感想

スクィーラも奇狼丸も人間臭い奴らですよね。姿形はバケネズミでも思考は全く人間と変わらない感じがします。バケネズミは面従腹背などと評されていましたが、スクィーラも奇狼丸も対人折衝能力は人並み以上に長けているのかもしれません。ところで、奇狼丸…

新世界より 5−6話 感想

何だか冒険活劇っぽくなってきて、私が勝手に想像していたお話とは違ってきたなあ。それでも、はらはらとさせられる展開はなかなか面白い。頭がよく常に冷静な判断を下そうとする早季、再び呪力を得たがゆえに泥沼にはまっていく覚、そんな二人を狡猾に利用…

新世界より 4話 感想

新しい発明や技術が生み出されたとき、世の中は大きく変わるけど、その周辺に歪みが出てきます。私たちの世の中って、発明や技術を最大限に活かしつつ、その度に生じる歪みに対して、試行錯誤を繰り返しながら巧みに対処してきた歴史があると思います。例え…

新世界より 3話 感想

悪魔のミノシロとかミノシロモドキと呼ばれている生き物は本当に実在した。そして、その生き物は言葉を発信してきて、自らを国立国会図書館の筑波館だと名乗ったのでした。どうやら早季たちは、彼女たちに対して隠蔽されてきた事の一端に触れてしまったよう…

新世界より 1−2話 感想

このアニメの舞台は千年後の未来ということですが、異質なものを排除し、禁忌を犯さないことで平穏を保っている雰囲気が色濃く漂っていて、どこかしら居心地の悪さがあります。早季はそうした雰囲気を他の子供たちより敏感に感じとっているようですね。そん…

FX