EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

2012春アニメ

今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17

ピッコロさんの企画に参加させていただきます。 6月終了アニメで最終話まで見た作品は、以下の5作品でした。 <坂道のアポロン> ストーリー:4 キャラクター性:3 画:4 演出:3 音楽:5 総合的な評価:3 合計:227話の文化祭でのセッションは本…

氷菓 12話 感想

今週の千反田さんは最高でした・・というか爆笑でした。こんな風に書くと何を大げさなって言われるかもしれませんね。たしかに里志みたいに笑い転げていたわけではないのですが、心の中ではホントに爆笑だったわけで、きっと私の顔は緩みまくっていたに違い…

氷菓 11話 感想

面白かったです。すべては入須先輩の筋書きでしたか。なかなかの女帝っぷりだったとは思いますが、そのやり口に限って言えば、むしろ狸親父っぷりというほうがピッタリな感じがします。「私はあのプロジェクトを失敗させるわけにはいかない立場でした。」プ…

謎の彼女X 13話 感想

きれいにまとめあげた最終話で素晴らしかったなあ。まさか家族やお墓参りを題材にしたお話で締めてくるとは思わなかったし、1話との対比を十分に意識した作りになっていたのもよかったです。思い起こせば1話の椿くんと卜部さんの間には、ちょっと張りつめ…

ヨルムンガンド 12話 感想

「うわー、もうスゴいぞー。」と一連のもみ消しに多額の金がかかったことを嘆くココ。彼女の言うとおり、今回のバルメの一件はテロ行為なわけで、ココたちは尋常ならざる悪になりつつあるといえます。それでも彼女は、ヴェルマー少佐としての行動に敬意を示…

さんかれあ 10−12話 感想

うぁ〜暗いっ・・・この救いのなさはどうよ・・・なかなかお目にかかれない鬱度120%のエンディングでした。このアニメのシリーズ構成は高木登さんですよね。この方は「地獄少女」でも指折りの鬱脚本を手掛けていましたが、それを彷彿とさせるお話だった…

氷菓 10話 感想

何か面白くなってきましたね。入須先輩に乗せられる折木。入須先輩が相手を見てこういうオッサンくさい説得をしたというなら、なかなかものです。当然、折木には一丁乗ってやろうかという余裕などあるはずもなく、動揺しつつも引き受けてしまう。しかもその…

謎の彼女X 12話 感想

卜部さんの超デレ回、最高でしたね。でもこれって、椿くんが卜部さんを思う気持ちに芯が通った結果だと思うんです。今までの椿くんって、あんまり卜部さんのことを考えてなくて、つくづく男の子だったわけじゃないですか。今回の椿くんは違ってましたよね。…

ヨルムンガンド 11話 感想

何とも愚痴っぽい殺し屋ですね(笑)。そういう性格だからか、大口たたいて調子に乗るみたいなことはなく、むしろ用心深く計画を遂行してきます。バルメとヨナがいないタイミングで、標的もココではなくウゴという作戦が奏功して、ココたちを一気に窮地に追…

氷菓 9話 感想

実際のところ「ミステリー」の定義も目指すトリックのレベルも曖昧なままでは、古典部のメンバーだって本当は判断の仕様がなかったでしょう。「何でも理由はつくものなのねぇ。」と摩耶花は言ってましたが、仮説を検証しなければいくらでも理由はあげられま…

謎の彼女X 11話 感想

早川さんは、椿くんを通して、元カレの姿を追い求めていたんじゃないかな。そんな彼女が気持ちを整理して立ち直る姿を、まさかまさかの全裸女子のヨダレ対決(どうしてそうなった ww)で描き切ったすばらしいお話だったと思います(笑)。<早川さんは、椿く…

氷菓 8話 感想

なるほどー、面白い設定を考えるものですね。自主制作のミステリー映画で、事件が起こったところまで撮影したけど、脚本家が倒れてしまってその先が作れない。何とか映画を完成させたいので、犯人は誰なのか考えてほしい・・・ですか。まさに折木に打って付…

謎の彼女X 10話 感想

早川さんが椿くんにちょっかいをかけているように見えるけど、何だか深読みしたくなるお話でもありました。彼女が仕掛けていることは、そんなに単純じゃない気がするけど、どうかなあ。まあ、今回はとにかく早川さんの魅力が満載でした。これぞ女の子の進化…

氷菓 7話 感想

千反田さんの顔がぱっと晴れやかになる。ほら、やっぱり・・・心地よい余韻が残るお話でした。このラスト30秒はまさに一期一会かもしれませんね。たぶん、もう一度このお話を見直したとしても、今度はその仕掛けのあざとさが目についてしまい、同じ余韻は…

謎の彼女X 9話 感想

今週も最高でしたね。面白かったなあ。今回は感想なんて書きようがありません。とにかく卜部さんの魅力が炸裂していて、それをただ満喫してただけなんだもん(笑)。このアニメの作り手は、卜部さんに何をさせたら視聴者が満足するのか、ホントによくわかっ…

さんかれあ 9話 感想

萌路ちゃんのクラスメートは、なかなか好奇心旺盛ですよね。気になる山之内先生のゾンビ疑惑の証拠を拾うためなら、放課後に美術室で張り込みだって敢行しちゃいます。エネルギー効率ばかりを気にして、仮説は立てれど検証はしない古◯部の高校生とはエラい違…

ヨルムンガンド 8話 感想

一話完結のエピソードとして、きれいにまとめてあったと思います。ラストも爽快さが感じられたし、面白かったです。ココとトロホブスキーが繰り広げるビジネスの駆け引きは、現実にはそんなに簡単な話じゃないのでしょうけど、それをありえないと思わせない…

氷菓 6話 感想

まあ、a と d を間違えたんだろうという仮説で満足していたら、お話は発展しようがないですよね。例えば、その仮説が正しいか検証するために、先生が使っている教科書のメモ書きを確認するなどしたら、案外と事実は違っていたりするのかもしれません。5話が…

謎の彼女X 8話 感想

見終わって、ちょっと考えてしまいました。今週のエピソード、誤解を恐れずに言えば、卜部さんが女性の性(さが)に気づかされたってお話なんですよね。そんなことを描いたアニメなんて初めて見ましたが、機微の描写がすばらしかったと思います。卜部さんの…

坂道のアポロン 6−7話 感想

圧巻のセッションでしたね。最初に薫がピアノを弾き出したときは、裏方が目立っちゃいかんだろうとツッコミながら見てたんですが、千太郎が加わって演奏が盛り上がってくるとすっかり魅了されてしまいました。薫も千太郎もカッコ良すぎです。この二人、けん…

さんかれあ 7−8話 感想

何ともゆっくりとした展開だなあ。まるで水郷めぐりでもしてるみたいです。ゾンビっ娘の悲哀を強調するわけでもなく、かと言ってラブコメに流れちゃうわけでもない。微妙に舵を取りながら、淡々と船を進めている意図は何なんでしょう。などと思っていたら、…

ヨルムンガンド 6−7話 感想

ココとその部隊、交渉も戦闘も圧倒的ですね。この世界は、スタートラインはみんな一緒とか、一所懸命努力すれば報われるとか、そんな戯言とは一切無縁に成り立ってるのがよくわかります。登場人物も甘くはありません。ココは、たった今出来上がった死体を前…

氷菓 5話 感想

もしかしたら糸魚川養子は「氷菓」に隠された意味も知ってたんじゃないかなあ。折木はそれを自ら解き明かしました。でも関谷純が託した本当の意味を解き明かしたのは、千反田さんだったと思うのです。司書室の会話は面白かったです。糸魚川養子は気が重そう…

謎の彼女X 7話 感想

普段、あまり考えてない椿くんが、なまじっか考えたりすると変なことになっちゃう。でも卜部さんは、そんな彼氏のことなんてお見通しなのでした。今回も面白かったです。椿くんが卜部さんを喜ばせる時って、何と言うかハプニングですよね。彼の素直な感性が…

謎の彼女X 6話 感想

基本的に椿くんは、卜部さんとあんなことやこんなことしたいと妄想するばかりで、あんまり卜部さんの気持ちを考えてないですよね。それは卜部さんを悲しませることがあるけれど、予測不能なサプライズを呼ぶこともある。今回のお話もオチが冴えていて面白か…

氷菓 4話 感想

何だか有閑マダム・・失敬、お嬢様の気ままな悩みにお付き合いする暇人たちの集いを見ているような気がしてきました(笑)。もちろん悪気があって言ってるのではありませんよ。でも千反田さんたちは、成績が悪くて悩んでいるわけでもなし、運動部でレギュラ…

坂道のアポロン 5話 感想

何ともおなかが空くお話でした(笑)。まずは、千太郎が旅には付き物だと言っていた冷凍みかん。私は数年前に「冷凍みかん 冷凍みかん 冷凍みかん 四個入り〜♪♪」なんていう歌を耳にしたことがあって、初めてその存在を知りました。そのときに食べてみたいな…

さんかれあ 6話 感想

「ちょっと手強いな・・。」とつぶやく蘭子ちゃん。今までは、ゾンビっ娘にしか興味のない千紘ですからライバルなんていなかったし、幼なじみとして千紘を独占できていたんですよね。ところが、絶対にありえないと思っていたゾンビっ娘が出現して千紘の家に…

ヨルムンガンド 5話 感想

悲しい思いをたくさんさせられたにも拘らず「それでも僕は世界が好きなんだ。」と言っていたヨナ。私には実感が湧かない言葉です。なのに何となくそうなのかなあと思えてくるのは、ヨナに対して少年らしい純粋さを感じたからかもしれません。ヨナが水平線を…

氷菓 3話 感想

折木の心情がコーヒーカップに出ているように思えて面白かったです。折木は、コーヒーカップを両手で持って飲むんですね。これは人に聞いた話なので信憑性はどうかと思いますが、カップを両手で持つ人は頑固者だそうです。自分の領域に人を踏み込ませない性…

謎の彼女X 5話 感想

今回の卜部さんは可愛い。今までの彼女は「私はそういう人だもの。」と言って、他人からどう思われようと関係ないというところが強かったと思います。それが「私はそういう人だけど、椿くんはそんな私を好きでいてくれるかしら。」に変わってきたからでしょ…

坂道のアポロン 4話 感想

「お嬢様なんて呼ばないで。馬鹿にされているみたいだわ。」と百合香さん、ご立腹でした。やっかみ半分でそんなことを言われることが多いんでしょうか。でもなあ、お嬢様ならではの空気を読まない雰囲気は持っていますよね。本人の自覚がないところで周囲を…

さんかれあ 5話 感想

なるほど死後硬直がとけた礼弥ちゃんが本能のままに動き出すと、ペロペロ、ブチューっていう何とも間の抜けたゾンビっ娘になってしまうわけですね(笑)。ゾンビとしては落第ものですけど、人間的には抑圧されていた人格が花開いたという感じで、これも礼弥…

ヨルムンガンド 4話 感想

アバンには驚かされました。師匠とチナツ、この二人がどうしてコンビを組んでいるのか。その経緯はいっさい語られませんでしたが、お互い大きな矛盾を抱えていたはずです。なのに何故・・・。これは想像ですけど、二人は銃の魅力に取り付かれていたのかもし…

謎の彼女X 4話 感想

丘さんは大胆かつクレバーな女の子でしたね。巧妙な餌付け作戦も然る事ながら、自身のヨダレ体質をいち早く理解して、卜部さんと椿くんの仲がどこまで進展しているか、ヨダレを使って見極めちゃうんだからスゴい。毎日、卜部さんにヨダレを舐めさせてもらっ…

氷菓 2話 感想

愛なき愛読書の一件が解決して、ちょっとした感動を共有しようと感想を言い合う里志、える、摩耶花の三人。しかしながら、奉太郎は今ひとつ気持ちの高ぶりを感じないようです。彼は省エネを信条としてきたが故に、感情の代謝が鈍くなってるのかもしれません…

ヨルムンガンド 3話 感想

今回はイカれた殺し屋が登場して、派手な銃撃戦が繰り広げられました。軽口をたたきながら撃ち合うのがこのアニメのノリってところでしょうか。でも今回のお話のハイライトは銃撃戦じゃなかったですね。ヨナがココの手を引いて海岸線を走るシーンが印象的で…

さんかれあ 4話 感想

何だか思っていた以上にシリアスな展開だなあ。だって「普通の女の子としての全ての経験をさせてください。」なんて台詞をゾンビっ娘に言わせている時点で普通にコメディっぽくはなりそうにない。痛みを感じないとか、熱い冷たいを感じないとか、死後硬直だ…

坂道のアポロン 3話 感想

安穏としていた三人の関係が一気に動き出しましたね。薫がとても頑張っています。逆に千太郎のそれが初恋だったとは少々意外でした。そして、いじける律っちゃんが可愛らしい(笑)。薫が律っちゃんに告白する場面はよかったなあ。演奏したのは「いつか王子…

謎の彼女X 3話 感想

卜部さん、相変わらず周囲に対する無関心っぷりは半端じゃありません。わざわざクラスの子が後を追いかけてきて話しかけてきたら、普通は自分に用があると思いますよね。ところが彼女、ゴミ箱を持ってくれた尾形くんにお礼すら言わず、さっさと教室に戻ろう…

氷菓 1話 感想

ちょっと地味な立ち上がりでしたが、雰囲気は好みです。画も本当に丁寧で美しいですよね。でも最も注目していたのは、千反田えるの声でした。佐藤聡美さんが担当されると知っていたけど、番宣に声はなかったので、いったいどんな感じになるんだろうと思って…

ヨルムンガンド 1−2話 感想

2話の脱出劇はなかなか痛快でした。これが成功したのは、ココが貸し借りとか仲間意識といった現場の行動原理をうまく利用したからですよね(描写も細かい)。これだけでも彼女はスゴいってなるんですが、オチが最高で「我が隊総員、武装解除!」「三人は中…

さんかれあ 1−3話 感想

様子見していたアニメだけど、面白そうですね。と言いますか、ゾンビっ娘の誕生シーンが悲惨な場面であるにも関わらず、あまりにも美しかったので、すっかり心を奪われてしまいました。でもなあ、う〜ん、肝心の要素を満たしていれば何にだって萌えることが…

坂道のアポロン 2話 感想

恋心は女の子だけのものじゃない。男の子だって当然恋に落ちることがあるのさ。うーん青春だなあ。薫はすっかり舞い上がっちゃってますね。律っちゃんがあんな風なので無理もないか。いやーなんとも罪作りな女の子です(笑)。でも薫にしてみれば一生懸命に…

坂道のアポロン 1話 感想

これは好きかもしれません。個人的にいろいろと心地よいアイテムが揃っているので相性の良いアニメなんだろうな、きっと。このアニメの時代よりはずっと後だけど、子供の頃に東京から九州の田舎に引っ越した時のことを思い出しました。方言の響きが懐かしい…

謎の彼女X 1−2話 感想

卜部さん、まさに謎の彼女です(笑)。いやいや、笑ってはいけない。不思議なヨダレもパンツにしのばせたハサミも、彼女にしてみればいたって普通のことなんでしょう。でもなあ、自分のことを「私はそういう人だから。」という一言で完結させてしまう姿は、…

2012年春の新作アニメはどうでしょね?

2012年春アニメがスタートしましたね。この冬は10本くらいのアニメを視聴していて結構たいへんでした。でも本当に毎週楽しみにしていたアニメは3割くらい、あとは何となく惰性で見ていたような気がします。この惰性というのは何とも悪い習慣で、どう…

FX