EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

Wake Up, Girls!

『響け!ユーフォニアム』田中あすかの部屋を見て思うこと

『響け!ユーフォニアム』がとても面白くて、毎週楽しみにしています。その7話なんですけど、実に印象的なカットがありました。久美子と秀一の会話シーンでチラッと映ったあすかの部屋です。 私が勝手にイメージしてる女子高生の部屋とは余りにもかけ離れた…

Wake Up, Girls! 12話 感想

WUG のステージは見応えがありました。最初のかなりアウェーな雰囲気に飲まれそうになりかける真夢、平常心を取り戻させるべくMCを頑張る佳乃 、メンバーの精一杯は楽しさとなって周囲に伝わり、徐々に盛り上がってくる観客。佳乃がそれを肌で感じてもう跳ん…

Wake Up, Girls! 11話 感想

決勝前夜のメンバーそれぞれの様子が泣かせます。真夢、夏夜、菜々美、藍里、未夕、美波、佳乃の順番に描かれたんだけど、その中でちょっと衝撃的だったのは未夕でした。 カーテンすらない殺風景な部屋の隅っこに未夕がひとりでちょこんと座ってるんです。四…

Wake Up, Girls! 9話 感想

大切にしているものを一度にたくさん失って打ち拉がれたとき、その傷を癒すのにはやっぱりたくさんの時間がいる。気仙沼の佇まいもそうした静かな時間の流れが感じられる描写になっていて、同じように夏夜も真夢もここまで少しずつゆっくりと癒されてきたの…

Wake Up, Girls! 8話 感想

藍里の復帰とアイドルの祭典へのエントリーで盛り上がってる WUG かと思いきや、逆にグループ崩壊の危機に陥るとはこれ如何に。やはり、自分は今なんのために WUG にいるのか、WUG は今なんのために存在するのか。一人ひとりがその答えを出さないと前に進め…

Wake Up, Girls! 7話 感想

面白かったです。晴れ晴れとした気持ちで見終わったのは久しぶりな気がしますね。藍里が帰ってきてグループの結束も強まり、WUG は次なるステージに進んだという感じでしょうか。何にせよ、一生懸命やって、大声で泣いて、みんなで一歩前進したのがいい。 丹…

Wake Up, Girls! 6話 感想

白木も早坂も、現在のところ大成功を収めている I-1 ビジネスに危機感を持っているように思います。想像だけど、先が見え始めてるということなんじゃないでしょうか。 白木が押し進める全国47都道府県に展開中のプロジェクトは、I-1 ビジネスの持続的な成…

Wake Up, Girls! 5話 感想

面白かったです。言いたいことが口に出せない佳乃、少しずつ立ち直ってきた真夢、なんだかんだとメンバーに気を使ってる風な丹下社長と見所いっぱいだった気がします。 今回、たまらなく魅力的だったのは佳乃ですね。彼女はグループのリーダーとして一生懸命…

Wake Up, Girls! 4話 感想

「訴えてやるー!」「やれるもんなら、やってみなー!!」ということになって、ホントに訴えられたらどうすんのって思いますが、どんな相手だろうとイザとなったら一歩も引かないところは丹下社長の良いところかな(笑)。 真夢がこんな表情になってしまった…

Wake Up, Girls! 3話 感想

丹下社長がすぐに六人でいくことを決断したのは少し意外な感じもしましたが、駆け出しのご当地アイドルとしては正しい選択ですよね。今の段階は美波ちゃんが抱えているご当地ファンをしっかり掴んでおくことが大事だと考えたのでしょう。 それに、これからも…

Wake Up, Girls! 2話 感想

マネージャー松田の真価が問われると思った前回のラスト。ところが想像していたよりも彼はずっとスカタンだったのでがっくり。いやはや、真夢たちが白いビキニを着て歌うところまでは何とか耐えられましたが、さらに写真撮影会から王様ゲームへと突入してい…

Wake Up, Girls! 1話 感想

劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」を観ました。あんまり期待してなかったんですが、これがスゴくよかったんだなあ。 主題歌「タチアガレ!」は、最近のアイドルらしい前向きで伸びやかな楽曲で気に入ったし、落ち着いた色調の画面も好み。お話もリア…

FX