EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

日常 24話 感想

みおちゃん、オンパレードな回でしたね。「根拠はないけど、すこし先輩との距離が縮まったような気がする。」って、みおちゃんが感慨にひたることができました。思えば、第1話で「ばっ、ばかやろー」と言っていた頃からここまで来るのに24話ですから、そりゃそうですよね。

そんなことをフト思い出して、録画しておいてあった第1話を見てみたら、みさとも笹原に発砲していました。そうそう、この二人は最初からこんな感じだったんだよね。それでもって、フェッちゃんとウェボシーが1話から出てるのも発見!。結局、あ、ここにも、あそこにも、という具合で最後までしっかり見てしまいました(笑)。

このアニメ、後半から急速に面白くなってきたと感じてたんですけど、改めて1話を見直すと笑いの質とかキャラの基本的な性格とか、何にも変わってない気がします。しかも今見ると1話も十分面白い。このアニメは最初からずっと同じテイストでお話を提示し続けていて、私がこのアニメの面白さに気づいていったんだなあ。

このアニメが2クールである意味はそこにあったとも思えます。きっと作り手側は、そんなところまで計算していたんでしょうね。しかもこのアニメはとても緻密に作ってあるので、1話を見直しただけでも改めていろいろ発見があって楽しい。最終回を見終わったら、もう一回最初から見直してみようって思ってます。

次回も本当に楽しみです。

広告を非表示にする
FX