EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

氷菓 9話 感想

実際のところ「ミステリー」の定義も目指すトリックのレベルも曖昧なままでは、古典部のメンバーだって本当は判断の仕様がなかったでしょう。「何でも理由はつくものなのねぇ。」と摩耶花は言ってましたが、仮説を検証しなければいくらでも理由はあげられます。

とりあえず古典部のメンバーは全ての推理を却下しましたが、頼んだ側はいったい何をさせたかったんでしょう。こうした状況になることが想定外というのはあまりにお粗末ですから、何か意図があるように思えます。果たして、最後に入須先輩が折木を待ち受けていましたが、次回にそのあたりが語られるのかな。

ところでこのアニメ、前話のチャットの様子といい、今回の千反田さんの本郷さんに対するこだわりっぷりといい、無理やり登場してる感じの江波さんといい、いろいろチラつかされて落ち着いた雰囲気がないのがちょっと残念です。もう少しさりげなく見せてくれた方が好みだけど・・・仕方ないですよね。

次回も楽しみです。

広告を非表示にする
FX