読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

ガールズ&パンツァー 4話 感想

いやー最高に面白かったです。聖グロリアーナ女学院との練習試合は見応え十分で、まさに西住さんの「戦車道」を見せつけられた気がしました。

「こちらの徹甲弾だと正面装甲は抜けません。」
「そこは戦術と腕かな。」
「はい!」

f:id:droberthing:20140505131435p:plain f:id:droberthing:20140505131439p:plain

この冒頭の会話が、これからの戦いのすべてを言い表していたんですね。しかも、西住さんも秋山さんもワクワクした気持ちになってるのが伝わってきます。西住さんは決して戦車道そのものが嫌いなわけじゃない。それどころか、大好きなんだってわかります。

そして練習試合が始まったんですが、これがホントに面白かったです。いろいろとツッコミどころがあったはずなのに、そんなことはどうでもよくなっちゃう面白さ。市街地を戦車が縦横無尽に駆け回るなんて、こんな戦い見たことない(笑)。

f:id:droberthing:20140505131441p:plain f:id:droberthing:20140505131440p:plain

逃げる四号、追うマチルダ。何だか「ルパン」のカーチェイスを見てるみたいです。歴女チームの三突が細い路地に身を潜め、バレー部チームの八九式が立体駐車場に隠れちゃうという自由な発想。それぞれにちゃんとオチもついていて、いやー最高です!!

f:id:droberthing:20140505131442p:plain f:id:droberthing:20140505131443p:plain

最後に敵に追いつめられたAチームでしたが、そこに割って入ってきた生徒会チームが犠牲になり脱出。マチルダを次々と撃破し、大将戦に持ち込む展開も熱いです。そして四号とチャーチルの一騎打ちは、刀を交えたごとく一瞬で決着。もうこれって、クロサワ映画みたいじゃないですか!!

そして、これこそが西住さんの「戦車道」なのかもしれません。

ラストの一騎打ちでは、路地に逃げ込んで粘り強く戦う選択もあったはずです。でも、彼女はそうやって勝ちを拾う戦い方をよしとしない。相手に敬意を払って「ここで決着をつけます!」と無謀とも思える突撃を選択するも、実はちゃんと勝算がある。彼女にとっての「戦車道」を見せつけられた気がします。

f:id:droberthing:20140505131436p:plain f:id:droberthing:20140505131437p:plain

でも残念ながら試合には負けちゃいました。みんな呆然って感じなのに、ひとりだけ充実感いっぱいの顔になってる秋山さんが笑えます。そりゃそうですよね、憧れの西住殿と一緒にこれぞ「戦車道」という試合ができたんですから(笑)。

f:id:droberthing:20140505131444p:plain f:id:droberthing:20140505131438p:plain

この試合で、大洗女子学園は聖グロリアーナ女学園から好敵手と認められたようです。戦車から逃げ出してしまった一年生チームも戻ってきたし、生徒会長も「連帯責任だから」とあんこう踊りに参加しちゃうなど結束力が強まってきた感じですね。さあ、これから特訓を重ねて・・・と思っていたら、次はいきなり全国大会なんだ(笑)。

ところで、これだけの試合をやってのける西住さんが、どうして戦車道をやめようとまで考えたんでしょう。もしかしたら、彼女の「戦車道」に対する姿勢が、西住流と合わなかったりしたんでしょうか。

f:id:droberthing:20140505131445p:plain f:id:droberthing:20140505131446p:plain

敵の隊長から「ずいぶん、まほさんとは違うのね。」と言われてみたり、華道の考え方の相違で母と袂を分かつ五十鈴さんの姿を見て「私もがんばる。」と言ったりしてるところを見ると、そういうことがあるのかもしれません。

それから、何となく戦車に詳しそうな気配を漂わせる生徒会長や「どんなことがあっても負けられない。」という意味深な広報の言葉も気になります。これから全国大会を戦う中で、こうした謎も少しずつ明らかになっていくのでしょうね。

次回も本当に楽しみです。

FX