読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

ガールズ&パンツァー 6話 感想

ガールズ&パンツァー アニメ感想 2012秋アニメ

サンダースは勝ちにこだわる試合をすれば、楽勝だったはずです。でもそうしなかったのは、大洗女子がサンダースに本気の戦車道をさせたからでしょう。

大洗女子は、シャーマン包囲網を正面突破で抜けていき、無線傍受を逆手に取ってフラッグ車を追いつめる展開に持ち込んできます。弱小校だと思っていたのに、臆することなく果敢に向かってくるし、戦術にも意図がきちんと汲み取れる。アリサはテンパってたけど、ケイは面白いと思ったに違いありません。

f:id:droberthing:20140505131500p:plain f:id:droberthing:20140505131501p:plain

四号戦車の稜線射撃も目的が明確です。砲手のナオミにしてみれば、自分が戦車道を通して磨いてきた技に対して勝負を挑まれたわけですから、燃えないわけがありません。結果、彼女は弱小校の無名の砲手(華さん)に敗れましたが、背中を凭れたときの表情はどこか満足感があったように見えました。

西住さんの試合運びは、やってる人も見てる人も魅了するんですよね。彼女は、油断してる相手を本気にさせるし、同時に味方もやる気にさせる。そうした戦いは勝ち負けを超えて、今まで修練を積んできた知力や技術のぶつかり合いになるし、ときには意地の張り合いになる。だから面白い。

f:id:droberthing:20140505131502p:plain f:id:droberthing:20140505131503p:plain

もしかしたら強豪校同士の試合って、そういう面白さがないのかもしれませんね。大洗女子との試合が終わった後のダージリンさんやケイを見てるとそんな風に思えてきます。勝利至上主義に陥って、戦車性能とか物量で勝敗が決まる大味な試合ばかりだったりするのかも・・・この辺は想像ですけどね(笑)。

ところで何とか一回戦を勝利した大洗女子ですが、強豪校に対する今の戦い方は一度しか通用しませんよね。たぶん、今のままでサンダースともう一度戦ったら、今度は間違いなく負けるでしょう。

二回戦以降の相手は、きっと大洗女子を研究してくるはずです。西住さんや生徒会長がそれにどんな対応をしていくのでしょうか。

次回も本当に楽しみです。


(追記)

今回の追いかけっこが盛り上がったのは、言うまでもなくアリサちゃんが魅力的だったからですよね。悪態をつきまくる姿は最高に可笑しかったです。BGMも軽快でバッチリだったし。

f:id:droberthing:20140505131504p:plain f:id:droberthing:20140505131505p:plain

で、このアリサちゃんがこれだけやらかしても、周囲がちゃんとチームの機能を受け持つ一員として彼女を受け入れてるのがすばらしい。「それはソレ、あれはアレ」というヤツですね(笑)。

サンダースが戦車道の志すひとつのチームとして成熟しているのがわかるんですよ。よく言われる結婚に例えると、蜜月→敵対→笑い→家庭という段階まで至ってる感じです。

大洗女子チームも雰囲気は良いですが、戦車道の観点から見れば、まだ蜜月の段階でしょう。今後、チームの成長なんかも描かれたりするのかな。1クールでは難しいかもしれませんが、ちょっと期待もしています。

FX