読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

『四月は君の嘘』17話 感想

このアニメが魅力的なのは、登場人物たちがお互いを高め合っていくからだなあ。越えられそうにない壁にぶつかり心が折れそうになっても、誰かが手を差し伸べてくれて、それを乗り越えていく。それを繰り返して登場人物たちは成長していく。

f:id:droberthing:20150215103002p:plain

「ムリかどうかは、女の子が教えてくれるさ。」

亮太の言葉に公生は閉ざしかけた心の扉を開き、かをりと向き合うことによって、自分が何をすればよいかに気づいていく。そんな美しい連鎖に胸がいっぱいになりそう。凪が公生を追いかけたことも、紘子が泣いている凪にかけた言葉も、公生が凪の手をそっと握ったのも…。

f:id:droberthing:20150215115254p:plain

「君の人生で、有りっ丈の君で、真摯に弾けばいいんだよ。」

かをりが公生に教えてくれたことを今度は公生が凪に語る。こうして人の想いは心に刻み込まれ、誰かに引き継がれていくんだろうな。そしてステージの袖に立つ二人の後ろ姿がハイライトに包み込まれて、想いはきっと届く!

次回が本当に待ち遠しいです。

FX