EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

偽物語 6話 感想

今週の阿良々木さんは、いまいち本調子ではないのですね。まあ、心配事は尽きないわけで無理もありません。それでちょっと弱気な言動になったんでしょうが、しっかり駄目出しする真宵ちゃんと忍ちゃんなのでした。その表情、最高ですね(爆笑)。

f:id:droberthing:20140504214441p:plain
「私のナイスパスが台無しです!」
この後はガックリと肩を落とした見事な失望っぷり(笑)。

f:id:droberthing:20140504214442p:plain
「なぜ、わからん?」
真意を丁寧に説明する吸血鬼って・・・(笑)。

一方、ガハラさんと阿良々木くんはいつもの調子でしたか。で、いつもの調子で「貝木と話をつけるなら、僕も一緒に・・・。」と最後まで言う間もなかったですね。

f:id:droberthing:20140504214440p:plain
「死にたくなければ、前言撤回なさい。」
ガハラさん、今日はいろいろ剽げていたけど、やっぱり怖いです。

しかしまあ、どの子も阿良々木くんのことを気にかけてくれているわけですから、やっぱり阿良々木くんは果報者ですね。しかも、こうした女の子たちの相手をしてると対人スキルも向上しそうです。結局大事なことは、相手の立場や気持ちを推し量って、相手が動きやすい言い回しや行動をしてあげることに尽きるわけだし。

今思いついたけど、付き合いにくい上司や同僚なんかもツンデレな女の子だと思って接すればいいのかしらん。いやいや、これはやっぱり違うかな(笑)。

次回も楽しみです。

広告を非表示にする
FX