読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?19

ピッコロさんの企画に参加させていただきます。
12月終了アニメで最終話まで見た作品は、以下の5作品でした。


<お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ>
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
合計:20

一つ屋根の下に男の子ひとりと可愛い女の子たちが一緒に暮らすというよくある設定なんですが、中身は女の子たちのアプローチを主人公の秋人がかわし続けるという感じで、なかなか面白かったです。

秋人にその気はないけれど、女の子たちに対しては誠実に接してる。彼女たちはそれをわかって戯れている。繰り広げられる行為は大胆だけど、そんな安心感が根底にありましたね。


<となりの怪物くん>
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:3
合計:22

雫とハルが行ったり来たりしてるだけなんだけど、どの登場人物も個性的なので飽きずに見ることができました。学生時代にこんなメンバーが周囲にいたら楽しいだろうなって思います。

とは言うものの、最終話のブチ切り感がスゴい。これは間違いなく2期があると信じていますけど、どうなってるのかな〜。


<BTOOOM!>
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:3
合計:21

最初の頃のエグさは耐え難い感じもしたし、バトルシーンもなかなか緊迫感がありました。でもだんだんこの主人公は絶対に死なないという感じになってきて、なんかヌルくなってしまったかなあ。

とはいえ、登場人物に纏わるドラマはなかなか興味深いものがあり、特に平さんのエピソードは悲哀感たっぷりでした。この作品で最も印象的だったのはヒミコの胸がBIMをはじき飛ばすシーン、これは必見です(笑)。


中二病でも恋がしたい!>
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4
合計:24

タイトルから勝手にイメージしてた内容とはずいぶん違ってました。とりあえず、六花ちゃんの仕草が何かにつけて可愛らしいってことで気楽に楽しんでたんですが、後半の重い展開については些と受け止め方に苦労させられたかな。その分、カタルシスはあったけど。

画は本当にすばらしくて、特に夕暮れ時の空の描写に感動しました。その美しさも然る事ながら、その空を見たら方角が分かるくらいの描き込み。これも必見です。


<ヨルムンガンド PERFECT ORDER>
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
合計:25

1期と比べてココ以外のメンバーにスポットが当たったお話が多かったかな。それでも相変わらず人物描写に深みがあって、どのエピソードも本当に面白かったです。音楽もカッコよかったし。

でもなあ、ラストに少し不満が残るんですよね(汗)。ヨルムンガンドが発動された後の世界はどうなったのか。ほんの1分でもアニメスタッフが描いてくれていたらって思うのです。


ベストキャラクター賞:小鳥遊 六花(中二病でも恋がしたい!)
ベストOP賞:「Sparkling Daydream」(中二病でも恋がしたい!)
ベストED賞:「White Wishes」(となりの怪物くん)
ベスト声優賞・男性:石塚運昇(レーム:ヨルムンガンド PERFECT ORDER)
ベスト声優賞・女性:上坂すみれ(凸守早苗:中二病でも恋がしたい!)


以上、よろしくお願いいたします。

FX