EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

氷菓 10話 感想

何か面白くなってきましたね。入須先輩に乗せられる折木。入須先輩が相手を見てこういうオッサンくさい説得をしたというなら、なかなかものです。当然、折木には一丁乗ってやろうかという余裕などあるはずもなく、動揺しつつも引き受けてしまう。しかもそのことが、里志に影を落としていく。

折木は見事に入須先輩の期待に応え、試写会も成功裏に終わりました。でも入須先輩の目的は、この事態の収拾だけではないような気がしますね。こういう役割をするだけの人なら、大人がやった方がはまってます。彼女はさらに何か目論みを持っていそうだなあ。

ラストで摩耶花が折木に指摘をしてきました。千反田さんも何か言いたいことがあるみたいです。折木はこういう仲間がいて幸せだと思わなきゃいけない。逆に何も言わなかった里志は気になりますね。今回できた二人の間の妙な隔たりが長引かなければいいんですけど。

さあ、一度ある方向に転がり出した車輪を方向転換するのは、かなり労力がいることですがどうするのでしょうか。傍目に見れば、このままの方向で映画的には成功です。摩耶花もそう思ったから、折木にこっそり言いたいことを伝えたんでしょう。今まさに古典部のメンバーの真価が問われていますよね!!

次回も楽しみです。

広告を非表示にする
FX