読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

『響け!ユーフォニアム』8話 感想

惹かれ合う久美子と麗奈。流されやすい自分を克服したい久美子にとって、麗奈は憧れの人。特別な自分を目指す麗奈にとって、久美子はついに見つけた自分の理解者。そんなふたりが打ち解け合う姿がとても美しく表現されていたと思います。

f:id:droberthing:20150530112150p:plain

こういう関係になれたのには、もちろん紆余曲折あったわけだけど、大きなきっかけになったのはドボルザークでしょうか。4話だったか、久美子が「あ、駄目だ…また後悔するかも…」と思い、勇気を出して「元気出た、ありがとう。」と麗奈に言ったシーンです。麗奈の方は、この一言で確信したんじゃないかなあ。

f:id:droberthing:20150530120336p:plain f:id:droberthing:20150530120337p:plain

このアニメの因果応報は一貫してますよね。久美子を見てるとそう思います。久美子が自分で決めて積極的に動けば、遠回りでも得るものが返ってくる。そして、周囲も久美子が決めたことを尊重してくれる。5話の梓なんか、ホント神対応だったもん。

逆に楽器を決める時みたいに他人任せに逃げ腰に振る舞えば、結局「ユーフォによろしく」となってしまうし、お姉ちゃんから「またユーフォじゃん」と見透かされたようにトドメを刺されちゃう。実にはっきりしてると思うのです。

f:id:droberthing:20150530132909p:plain

自分で決めるということは、何かを選んで何かを諦めることです。そんなことを恋愛模様で描いているのも面白い。秀一に「行って来なよ。」と不本意ながらも自分でそう言い切った時、久美子はそれを痛感したと思います。

この後、どうなるのかと心配しちゃったけど、やっぱり久美子が自分で決めたことに対しては悪いようにはならない。秀一は葉月より久美子を選び、選ばれなかった葉月はそんな秀一の返事を尊重するのです。

f:id:droberthing:20150530143858p:plain

自分がやりたいことを自分で決めてそれに打ち込む。決めるということは、何かを選んで何かを諦めること。そうやって決めたことは尊重されなくちゃいけない。そんなことを部活や恋愛や友達を通じて経験していけるのが青春時代のよいところだなあ。

さて、運命の赤い糸を手繰り寄せた久美子と麗奈は、これからお互いにどう感化されていくんでしょう。久美子にとって大きなターニングポイントといえるエピソードでしたが、きっと何らかの化学反応が起こるはず。

次回も本当に楽しみです。

FX