読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVERY LITTLE THING

深夜アニメ、音楽、映画、コミックの感想など

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

今年の10選は以下のとおりです。

宇宙パトロールルル子』第3話「SEASON 1 EP.FINAL」
『終末のイゼッタ』第1話「たたかいのはじまり。」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
夏目友人帳 伍』第11話「儚き者へ」
響け!ユーフォニアム2』第10話「ほうかごオブリガート
舟を編む』第7話「信頼」
ふらいんぐうぃっち』第2話「魔女への訪問者」
『フリップフラッパーズ』第1話「ピュアインプット」
無彩限のファントム・ワールド』第4話「模造家族」
ルパン三世』第20話「もう一度、君の歌声」

ルール
・2016年1月1日〜12月31日に放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品から選べるのは1話のみ。
・順位はつけない。

 

<各話コメント>

宇宙パトロールルル子
 第3話 「SEASON 1 EP.FINAL」

脚本/雨宮哲 絵コンテ/大嶋博之
演出/赤城博昭 作画監督/本田敬一

新谷真弓さんの魅力が炸裂してます。ミドリのいい加減で大雑把な(でもけっこう真面目っていうか常識的だったりする)キャラにドンピシャというか、まんま『フリクリ』のハルコじゃん(笑)。

f:id:droberthing:20161231150252p:plain f:id:droberthing:20161231150251p:plain

この3話は、ルル子とミドリのバトル、ルル子の淡い恋心、ラストの余韻、そしてCパートでミドリが宇宙パトロールに入隊!?といった展開が10分間の中にテンポよく織り込まれていて、最高に楽しめます。

 

『終末のイゼッタ』
 第1話「たたかいのはじまり。」

脚本/吉野弘幸 絵コンテ/藤森雅也 演出/根岸宏樹
作画監督/山下祐、西岡夕樹、ジャカルタカルカッタ軽田

イゼッタとフィーネが再会するお話なのですが、フィーネがとっても魅力的です。公国の姫君としての気品、気構えを備え、美しいけどはねっかえりな面もある。それが列車や飛行機でのアクション、ブリタニア外相との会談などを通して丁寧に描かれていきます。早見沙織さんの演技もすばらしい。

f:id:droberthing:20161231145857p:plain f:id:droberthing:20161231145856p:plain

冒頭の列車アクションは特に気に入っています。追い詰められたフィーネたちがトンネルを抜けた列車から飛び降りるまでのシーンは、光の使い方、スローモーション、劇伴、SEがカッコよくて、とても惹きつけられました。

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」

脚本/ヤスカワショウゴ 絵コンテ/藤本ジ朗、津田尚克 演出/藤本ジ朗 
作画監督/Cha Myoung Jun 総作画監督/西位輝実

能登麻美子大原さやか、両ベテランの競演。由花子の傍若無人っぷり、辻彩の現実主義的な性格の魔女。二人ともお手の物って感じで見事に演じていて感心させられます。止め絵も女性キャラならではの華やかさがありますね。

f:id:droberthing:20161231150152p:plain f:id:droberthing:20161231150151p:plain

口紅を塗るのを忘れて容姿が崩れてしまった由花子が、康一くんの男気溢れる決断と辻彩の魔女としての矜恃に救われるお話。古典である『シンデレラ』を『ジョジョ』がリメイクしたら、女の身勝手、男の優しさ、魔女の沽券といった人情話になるんだなぁ(笑)。

 

夏目友人帳 伍』
 第11話「儚き者へ」

脚本/村井さだゆき 絵コンテ/伊藤秀樹 演出/伊藤秀樹
作画監督本橋秀之、青野厚司、池田早香

このアニメもとうとう5期目に突入ですね。今期は好みのお話が多くて選出に悩んだけれど、この11話を選びました。ただ貴志が風邪を引いて、それが治ったというストーリーなのに、どうしてこう味わい深い話になるのか。

f:id:droberthing:20161231150254p:plain f:id:droberthing:20161231150253p:plain

人付き合いの煩わしさや厄介な問題を避けながら生きていくのもありだけど、周囲との関わりをもう少しだけ大事にして余計なことを背負い込んだり大変な目に会いながら生きていく方がずっといい。確かにそうかなぁって気になります。

 

響け!ユーフォニアム2』
 第10話「ほうかごオブリガート

脚本/花田十輝 絵コンテ/山村卓也 演出/山村卓也 
作画監督池田和美 

ガスコンロにボッと火がついて、久美子があすかに自分の思いをぶつけるシーンが印象的です。この黒沢ともよさんの熱演は本当に素晴らしくって、この作品の中でも屈指の名シーン、名演技だと思うのです。

f:id:droberthing:20161231145654p:plain f:id:droberthing:20161231145653p:plain

自分の中から掘り起こした大切なものを簡単になかったことにしないでほしい。後悔するとわかっている選択肢を自ら選ばないでほしい。明確な将来を思い描くことが難しい今の時代を生きる若者へのストレートなメッセージであり、エールだと思います。

 

舟を編む
 第7話「信頼」

脚本/木戸雄一郎 絵コンテ/黒柳トシマサ 演出/光田史亮
作画監督/松下郁子、郷津春奈、神谷友美、中谷亜沙美
総作画監督青山浩行

息の詰まるような小田先生との駆け引きを制した後、西岡が会いたくなったのは三好さんでした。彼にとって、いつの間にか彼女はそういう女性になっていったんですね。この時の二人の携帯メールのやり取りがいいんだなあ。

f:id:droberthing:20161231152748p:plain f:id:droberthing:20161231145650p:plain

三好さんが最後に送信したメールの文章は、普段彼女が使っている文体とは明らかに違っています。付き合っていることをオープンにしても構わないと言ってくれたことが嬉しかったのでしょう。まるでプロポーズに対する返事のようなしおらしさが感じられ、まさにこの作品ならではの表現だと思うのです。

 

ふらいんぐうぃっち
 第2話「魔女への訪問者」

脚本/赤尾でこ 絵コンテ/二瓶勇一 演出/高島大輔 
作画監督/中西愛、吉田優子、森七奈 総作画監督/安野将人 藤井昌宏

この作品、初めて見たときはあまりにも何も起こらないのでイマイチ波長が合わないかったんですよね。ところが見ているうちにだんだん波長が合ってきて、今年の冬アニメになくてはならない作品になっちゃいました(笑)。

f:id:droberthing:20161231145901p:plain f:id:droberthing:20161231145900p:plain

春の運び屋さんにビビる千夏ちゃん。自分の嫌いなバッケを真琴が食べるのか、わざわざ確かめに来て「まこ姉も大人だったか…」と呟く千夏ちゃん。とにかく千夏ちゃんが可愛くていい子なんですよね。その観点でこの2話を選びました(あ、誤解しないで、違いますから!)。

 

『フリップフラッパーズ 』
第1話「ピュアインプット」

脚本/綾奈ゆにこ 絵コンテ/押山清高 演出/押山清高
作画監督/小島崇史

快感の即効性が抜群に高い。何回も繰り返し見てしまう中毒性も強力でヤバい。この不思議な世界を一度体験したら、簡単には戻っては来られません。たとえ抜け出せたとしてもすぐにまた行きたくなっちゃう。いや、ホントです。

f:id:droberthing:20161231145652p:plain f:id:droberthing:20161231145651p:plain

アバンから心を鷲掴みされました。キャラデザ、パピカが飛び出すシーンの映像や劇伴、OP、地獄少女っぽい小舟、おばあちゃん、キュッとスカートの裾を引っ張る仕草、登校時の街並み、踏切での出会い…もうキリがありません(笑)。

 

無彩限のファントム・ワールド
 第4話「模造家族」

脚本/志茂文彦 絵コンテ/石立太一 演出/石立太一
作画監督/植野千世子

現実の世界で直面している問題を受け止めきれなくなった玲奈の心が呼び寄せたファントム(模造家族)。それに玲奈が取り込まれそうになります。最後はいい話っぽくまとめているけれど、よーく考えると怖い話ですよね。

f:id:droberthing:20161231151021p:plain f:id:droberthing:20161231151020p:plain

この作品、1話のリンボーダンス、2話のバスタオル、3話のチャイナドレスといった感じで来てたので、この4話も期待していたら意表を突かれました(笑)。玲奈の理想の家族像の反映が、極端にコミカルでメルヘンチックなのも面白いです。

 

ルパン三世
 第20話「もう一度、君の歌声」

脚本/吉田恵里香 絵コンテ/川口敬一郎 演出/前島健一 
作画監督湖川友謙 総作画監督/末永宏

ルパンは車を運転しているだけという異色回。かつて一世を風靡した歌手ノラが半世紀近く愛用した車をルパンが盗み出す。車を巡る様々な周囲の思惑。年老いたノラと夫マーティンの思い出。ルパンが運転する車が向かった先は……!?

f:id:droberthing:20161231151237p:plain f:id:droberthing:20161231151236p:plain

このお話、まるで良質な昔の映画を見ているようで好きなのです。ルパンらしいアッと驚く仕掛けもアクションもお色気もなし。でも盗んだ車をノラたちの思い出の場所に置いてきちゃうなんてのは彼にしかできない芸当で、地味ながらもきちんとルパンのお話にもなってるのがすばらしい。

 

今年も本当にいいお話が多すぎて選考が大変でした。
それでは皆様よいお年をお迎えください。

テレビアニメ ED 10選 2016

今年も選んでみましたよ。EDテーマ10選は以下のとおりです。

 

この美術部には問題がある!/「恋する図形(cubic futurismo)」

f:id:droberthing:20161225151756p:plain f:id:droberthing:20161225151757p:plain

80年代のテクノポップ調で歌詞があれで曲名が「恋する図形」なんていうと、もう戸川純ちゃんを思い出さずにはいられないですね。単調な映像だけど「ず〜む!」のところで一瞬映る宇佐美さんが可愛いです。

 

コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG/「ALL-WAYS」

f:id:droberthing:20161225151758p:plain f:id:droberthing:20161225151759p:plain

おっさんホイホイなアニメだけにEDも当然それ仕様になってますね。いろいろとカッコいいんですよ。サウンドもストレートなロック調で耳障りが良いし。こりゃもうあれこれ言ってもねぇ…好きなんだもん。

 

3月のライオン/「ファイター」

f:id:droberthing:20161225151846p:plain f:id:droberthing:20161225171516p:plain

体の中が暖かくなって、少しずつ気力が湧き上がってくる。OPでは沈み込んだままだった桐山くんが必死に水を掻いて飛び出していく。前に受け止めきれなかったことも、今ならきっと受け止められる。この作品にぴったりのEDだと思います。

 

昭和元禄落語心中/「かは、たれどき」

f:id:droberthing:20161225151842p:plain f:id:droberthing:20161225151841p:plain

ジャズバラード調のED曲がめちゃくちゃカッコいい。ソロ演奏の楽器がわからなかったので調べたら、フリューゲルホルンという金管らしいです。これがしっくりと馴染むんだから、アニメ、ジャズ、落語、それぞれの懐深さを感じます。

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない/「I WANT YOU

f:id:droberthing:20161225151700p:plain f:id:droberthing:20161225151701p:plain

3期目のED曲も洋楽で安定のエンディング。映像も音楽もひたすら心地いいんだなあ。唯一無二の世界観をもつ作品だと思うし、もう殿堂入りってことでいいんじゃないでしょうか(笑)。

 

『TO BE HERO』/「私のパパが地球を守る 〜我爹守护地球〜」

f:id:droberthing:20161225151609p:plain f:id:droberthing:20161225151704p:plain

ミンちゃんがトイレのラバーカップを弓矢の矢のように放って、アパートに侵入しようとする登場人物達をひたすら撃退するだけの単純なEDなんだけど、中国語の歌が何とも可愛らしいので気に入ってます。

 

『フリップフラッパーズ』/「FLIP FLAP FLIP FLAP

f:id:droberthing:20161225151611p:plain f:id:droberthing:20161225151610p:plain

「こっそりそっちを覗いたら、そっちもこっちを覗いてた」という印象的なフレーズで始まるED曲。このアニメの世界観にぴったりです。奔放なパピカとおっかなびっくりのココナが面白い。文句なしに今年のベストEDに推したいです!!

 

僕だけがいない街/「それは小さな光のような

f:id:droberthing:20161225151612p:plain f:id:droberthing:20161225151613p:plain

キャラが影だったり後ろ姿だったりと表情が見えないので、好みだけど何となく不安になる映像。ある意味ネタバレしないEDなので、最後の最後までハラハラしながら本編を見ていた記憶があります。

 

『ユーリ!!! on ICE』/「曲名不明:10話スペシャルED」

f:id:droberthing:20161225151703p:plain f:id:droberthing:20161225151702p:plain

通常のEDも好きですが、10話EDのインパクトが大きすぎてこちらを選びました。バンケットの話は中盤でスルー、グランプリファイナルに向かって各選手の引き締まった表情で引き……と思いきや、まさかのスペシャルEDで大爆笑でした。

 

ラブライブ!サンシャイン!!/「ユメ語るよりユメ歌おう」

f:id:droberthing:20161225151844p:plain f:id:droberthing:20161225151843p:plain

少し前、職場の方から沼津のお土産で Aqoers の「のっぽパン(塩キャラメル)」をいただいたことがありました。それがきっかけでためていた録画をきちんと見たんですけど、作品を好きになるとEDなんかも自然と好きになっちゃいますね。

 

OPもそうだったけど、EDも選考に苦慮しました。それだけ好きな作品が多かったわけで、いやー来年も楽しみです。

テレビアニメ OP 10選 2016

今年も選んでみましたよ。OPテーマ10選は以下のとおりです。

 

亜人/「夜は眠れるかい?

f:id:droberthing:20161224221113p:plain f:id:droberthing:20161224221112p:plain

椅子に拘束しての尋問、瞬間殺される警察官、非道な人体実験の描写なんかがチラッと挿入されていて結構エグいのだけれど、イントロのギターフレーズが心地いいし、青みがかった彩度の低い映像も好み。カッコいいです。

 

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』/「聖数3の二乗」

f:id:droberthing:20161224221257p:plain f:id:droberthing:20161224221353p:plain

楽曲と映像の小気味いいシンクロ感。白い花びらが一斉に舞う、パソコンのウインドウが次々と開いていく、階段の踊り場が左右にポンポンと…等々。あとチラッと映るスカイセンサー5900がいいんだなあ。

 

キズナイーバー/「LAY YOUR HANDS ON ME」

f:id:droberthing:20161224221110p:plain f:id:droberthing:20161224221109p:plain

まばゆい光の乱舞が曲調にマッチして美しいです。見入ってしまって、90秒が短く感じられます。曲の出だしを聴いたとき、a-ha の "Take On Me" がパッと浮かんだ人は私だけではなかったみたいです(笑)。

 

甲鉄城のカバネリ/「KABANERI OF THE IRON FORTRESS

f:id:droberthing:20161224221108p:plain f:id:droberthing:20161224221207p:plain

映像はメチャクチャ気合が入っていて、ものすごく綺麗です。そして何と言っても楽曲がドラマチック。ノイタミナといえば EGOIST。いつもの名調子を徐々に盛り上げてきて「鋼鉄のカバネリよ…」のところはやっぱりゾクゾクさせられます。

 

灼熱の卓球娘/「灼熱スイッチ」

f:id:droberthing:20161224221303p:plain f:id:droberthing:20161224221302p:plain

お気楽ピンポンアニメとしか思えない出だしで油断していたら、後半に灼熱スイッチが入って画面が一変。ピンポン球はギューンと唸りをあげ、その風圧はほとばしる汗を蒸気に変え、何なんだこの熱気は…今年のベストOPに推したいです。

 

SHOW BY ROCK!!/「ハートをRock!!」

f:id:droberthing:20161224221349p:plain f:id:droberthing:20161224221346p:plain

これは楽しい。プラズマジカらしさが弾けてます。曲はもちろんゴキゲンなロックなんだけど、合いの手っぽいコーラスがいい味出してますよね。ぱっしゅわ!ぱっぱっしゅわ!のところのシアンの仕草が可愛らしいです。

 

昭和元禄落語心中/「薄ら氷心中

f:id:droberthing:20161224221352p:plain f:id:droberthing:20161224221351p:plain

林原めぐみ×椎名林檎のコラボレーション。みよ吉の哀れさと妖艶さに窒息しそう。こんな女性にはアニメや小説くらいでしかお目にかかることはないだろうなあ。木管のフレーズも印象的です。

 

NEW GAME!/「SAKURAスキップ」

f:id:droberthing:20161224221300p:plain f:id:droberthing:20161224221259p:plain

これは iTunes でポチりましたー。元気出るんですよね。女の子がみんな素直で可愛く描かれているのが気に入ってるんですが、この子らは全て働くオッさん達の女体化であるとの説を何かで読んで、妙に納得してしまいました(笑)。

 

モブサイコ100/「99」

f:id:droberthing:20161224221204p:plain f:id:droberthing:20161224221203p:plain

初めてこれを見たとき、これまたスゴイのが来たぞって思いました。変な人の頭の中を覗いているような感覚が楽しい。ちょっと懐かしく感じるところもあって、昔にMTVで見た Peter Gabriel の "Big Time" "Sledgehammer" を思い出しました。

 

ルパン三世/「THEME FROM LUPIN III 2015」

f:id:droberthing:20161224221206p:plain f:id:droberthing:20161224221205p:plain

赤より緑が好きな私ですが、青もなかなか気に入っているのです。このOP映像はスタイリッシュにまとめられていて好み。ルパンのフィアットや不二子のオートバイもしっかりと登場してゴキゲンです。

 

年々OPは凝ったものが多くなって来ているように感じます。今年は例年にも増して選考に苦慮しました。来年も楽しみですね。

2016 秋アニメ(1話)の印象

いやー1話をさらっと見はじめましたが、期待度の大きいアニメが多い印象です。今期は楽しみだなあ。時間が足りなくなりそう。

f:id:droberthing:20161007011211p:plain

響け!ユーフォニアム2』は期待通りの感じでこれは見るとして、同じく続きものの『夏目友人帳 伍』や『てーきゅう 8期』も安定してますね。

f:id:droberthing:20161007011212p:plain

それ以外にも『終末のイゼッタ』『灼熱の卓球娘」『ユーリ!!! on ICE』『フリップフラッパーズ』なんかもなかなか1話の印象がよくて気に入りました。さらにまだ『3月のライオン』 『舟を編む』『ろんぐらいだぁす!』など見ていない個人的な期待作があるんですよね。ホント楽しみだなあ。

2016年秋の新作アニメはどうでしょね?

2016年秋アニメがスタートしますね。 夏アニメでは『NEW GAME!』『ラブライブ!サンシャイン!!』『甘々と稲妻』『あまんちゅ!』『モブサイコ100』『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-2nd』の6本を見ていました。あと別枠で「魔法少女リリカルなのはシリーズ」の『第1期』『A's』『StrikerS』全52話も!!

最近、私が深夜アニメ好きのおっさんであることが職場の方々にバレてしまったのですが、それを聞きつけたとある職場のアニメファンが「是非これを見てくださいよ。名作ですから!」と「なのは」のDVDを持ってきたんですよね。いやー確かに面白かった。

おっと話が逸れました。で、今期の秋アニメの方はどうでしょう。公式サイトやPVなんかを見て面白そうだなあと思ったのは、以下の4作品かな。

響け!ユーフォニアム2』
3月のライオン
舟を編む
てーきゅう 8期』

響け!ユーフォニアム2』は、これはもう1期が本当に素晴らしかったので大いに期待しています。メインスタッフも変わらないみたいなので、安心の◎かな。たまには感想も書こうかなって思っています。

3月のライオン』は、原作がよく知られているようですが、私は知りませんでした。高校生のプロ棋士が主人公というだけでも、ものすごく興味がそそられます。

舟を編む』は、お仕事モノでしょうか。好きなんですよね。見ていて共感できることも多いし。原作は小説とのことですが、私は読んでません。たまには読書しないといかんなあ、なんて(笑)。

てーきゅう 8期』、ついに8期目に突入ですか。最初は早口に全くついていけなかった私ですが、不思議な魅力に引き寄せられて見続けているうちに何だかハマってしまいました。アニメ『日常』と同じパターンですね(笑)。

それから、上記以外にも期待しているのが以下の4作品です。今期は続編が多い。

夏目友人帳 伍』
亜人
ろんぐらいだぁす!
ステラのまほう

さあ、秋アニメも楽しみですね。

2016年夏の新作アニメはどうでしょね?

2016年夏アニメがスタートしましたね。 春アニメでは『宇宙パトロールルル子』『ふらいんぐうぃっち』『ばくおん!!』『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG』の4本を見ていました。他にも作品はたくさんあったけど、ほとんど1話、2話くらいまで見て、すぐに見るのをやめちゃいました。深夜アニメもだいぶ飽きてきちゃったかなー(笑)。

さて、今期の夏アニメの方はどうでしょう。ざっと1、2話を見て、少しでも興味をそそられたのは、以下の4作品かな。

『DAYS』
甘々と稲妻
NEW GAME!
ラブライブ!サンシャイン!!

『DAYS』は何というか、こういうのがいいよね。青空がぎゅ〜んと広がる爽やかな感じが最高です。この夏はこの作品から元気をもらって乗り切ろう(笑)。

甘々と稲妻』は、主人公が娘のためにごはんを作ろうと決意するまでの流れが、1話で丁寧にアニメ表現されていて作品として好感を持ちました。

NEW GAME!』は、お気楽な1本。お仕事モノというのもいいですね。そして主人公の女の子が素直で前向きなところがいいんだなあ。

ラブライブ!サンシャイン!!』は、まあ見てみようかなと。前作の『ラブライブ!』は途中で見るのをやめちゃったので再挑戦。どうかな〜(笑)。

それから、上記以外にもしかしたらと期待しているのが、以下の5作品。過度な期待をせず見るつもりです。

この美術部には問題がある!
不機嫌なモノノケ庵
『バッテリー』
アクティヴレイド -機動強襲室第八係-2nd』
91Days

 さあ、夏アニメも楽しみですね。

FX